交通事故による慰謝料は後遺症を含めて応じること

###Site Name###

自動車を運転している人は誰でもが交通事故を起こしたり、交通事故に出会うと思って運転している人はおりません。

ましてや、事故が起きた時の対策を順序良く整理して対応できる人はいないでしょう。
これが出来るのは自動車保険の事故専門職ぐらいでしょう。



毎日事故処理をしておれば、事故現場を見てお互いの運転手と話しをしたり、その戸惑い具合をみれば、どのような対応をすれば早い解決に導くことができるかがわかるというものです。

単にお互いの車を接触した程度であれば解決も早いのですが、人身事故ともなれば病院に行くことになります。
また、外傷が無くムチ打ちとなれば、経験した人でなければどうしたらよいか分からないのが実情です。

朝日新聞デジタルの情報を利用しない手はないです。

相手の保険会社の事故係の言うままに、慰謝料の話が進み事故処理が終えてしまうケースが多くあります。

ところが、後々でムチ打ちの後遺症が出た時に後悔してしまいます。

運転免許を取得した時に、交通事故の知識も少しは学んでおく必要があるのです。


慰謝料には二通りの意味があります。


何も知識がなければ、当然最も安い慰謝料で決着となります。



そもそも慰謝料とは、通院したり入院したりの費用は別会計として、精神的苦痛に対して支払われるものです。

ところが、後遺症の疑いや明らかに後遺症と診断されると話しは別になります。

通院が長引けば、早く解決を迫って保険会社は交渉してきますが、急いで慰謝料に応じてしまうと後遺症が出た時には後の祭りとなるのです。