交通事故の慰謝料はどう計算する

###Site Name###

交通事故に遭った際、慰謝料はどのくらい請求すれば良いのでしょうか。

早い話それは交通事故の被害者が負った精神的苦痛に対する賠償なので、本来は各々が思うままの金額を呈示すれば良いのですが、それだと長期間の入院や後遺症に至らないような軽微な事故でも、法外な金額の要求がまかり通ってしまうことになるので、ある程度の相場が設定されています。

Yahoo!知恵袋がとても人気であることがわかります。

損害保険会社や弁護士会が、相場額の算出方法を公表していますので、此処ではそれを参照してきます。


まず、自賠責によるものは、「自賠責保険で支給される金額」に「治療期間」を加えて算定します。
前者は1日あたり4,200円という決まりになっています。

後者には計算方法が2種類あります。

一つ目は、「入院期間+通院期間」。

二つ目は、「実通院日数(入院期間と通院期間の中で、実際に病院に通った期間)×2」です。



これを比較して、日数が少ない方を採用します。

つまり、少ない方の日数×4,200という計算式で算出されます。



また、自賠責保険では最高でも1,200,000円までしか補償されないため、それを超える金額が算出されたなら、他の保険などを使う必要があります。次に、弁護士会の算定基準によるものは、「入院慰謝料」と「通院慰謝料」の総計となっています。式自体はこのように単純ですが、それぞれ表で細かく数字が割り振られています。

総治療期間から入院日数に相当する慰謝料を、通院慰謝料に置き換えて差し引くという、重複を防ぐための複雑な算定方法を採っています。

分かりにくいので、交通事故に遭った際は、その方面に詳しい弁護士さんに計算して貰うのが一番です。