交通事故の慰謝料と保険会社の対応

###Site Name###

交通事故を起こせば自身のの過失割合が大きいと判断された場合は、その分を負担するのは当然ですが、これが物損ではなく人身事故だった場合は簡単に慰謝料の計算は出来ません。
慰謝料には、入通院慰謝料と後遺症害慰謝料というものがあります。

前者はその名の通り、病院で精算されたレシートの額面を支払うというものです。

OKWaveの情報サイトが便利です。

それにプラスして、人身事故にしない様にとの意味を込めてまとまった金額を渡します。



任意保険ではこの金額の相場は10万円です。


入通院が無くても、概ねこの金額は保険会社から相手側に支払われるのが通例です。

ややこしいのが後者の方です。これには限度額が無いと言ってもいい様なものなので、悪質な被害者は値を必ず釣り上げてきます。

しかし、後遺症が想定されるような事故は、被害者の石とは関係なく人身事故になっているので、加害者側の保険会社も、一定の金額まで行くと強気になり交渉してくれます。



交通事故の慰謝料問題がこじれた場合、弁護士に入ってもらう事があります。

交通事故費用は概ね任意保険から支払われるようになっていますので、問題ないのですが、近年、悪質な弁護士も現れてきており、保険で適用される金額を超え法外な費用を保険会社に請求するケースが相次いでいます。
一部の弁護士によるものですが、自身の交通事故で金儲けされても気分を害しますので、弁護士に依頼する前には保険会社に照会してみましょう。

そこで悪質な弁護士と分かれば依頼をせずに他をあたりましょう。


保険会社との関係は良好であるにこしたことはありません。