神奈川県で貸倉庫を探す

神奈川で貸倉庫を借りようとしている場合、注意すべき点を紹介します。
貸倉庫を安く借りられればいいに越したことはありませんが、立地条件(交通の便、近隣の環境)、必要とする面積、施設のスペック、取扱不可な商品の有無、あと大家さんの質も重要なポイントです。

立地条件としては、まず交通の便です。


神奈川は高速道路が発達しているとはいえ、人口が急増したことで道路が片側一車線が続き渋滞が慢性化している場所は少なくありません。

配送が多いのであればインターからちょっと遠くても道路が込まない場所を選ぶべきです。

東京の貸工場についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

神奈川にも圏央道開通のいい影響が出ていて、内陸には物件が多く出ています。
作業での音が出る場合は、騒音が出ても苦情が来ないかどうかの確認が必要です。
面積は建物の中の面積だけでなく、トラックの駐車スペース、荷受けの場所は確保されているか、雨が降ったときに貨物が濡れないで済むか、といったあたりのチェックが必要です。
施設のスペックとは天井の高さ、床の強度、エレベーターの有無、などを指します。重たい貨物を貸倉庫に置く場合は床の強度が十分でないと床にひびが入り、弁償させられることも考えられます。

最高の朝日新聞デジタルに関するアドバイスです。

天井が高ければ、保管器具を使って貨物を高く積み上げることができるので、もし同じ条件であれば天井が高い方を選ぶべきです。
取扱不可な商品は不動産情報に書かれていないこともあるので、事前に確認が必要です。
アパートでも駐車場でも、大家さんがひどいと物件が良くても不愉快な気分にさせられることが多いです。